<   2006年 10月 ( 21 )   > この月の画像一覧

てことで

草仏教ブログ、マ−ヒ−さんのとこでご紹介いただいた、漬け物色の絵です(^^)
今夏は毎日漬け物作ってた。もーそれとご飯だけで「満足じゃ」な感じ!
なんて精進料理なんだ!
でも贅沢な気持ちになるんだよね。作る手間とか素材の味のせいかなあ。最高にうまい。
ほんとは「木の間の水」ってタイトル。
木々を抜ける車窓から一瞬水が見える、瞬間の絵。
青い絵を色調変更してます。
e0086807_2564570.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-10-31 02:56 | thinking | Trackback

たまには

さわやかでもいいかも。
光がふってきた瞬間。八甲田山。

e0086807_1564121.jpg
e0086807_2246100.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-10-31 01:58 | travel and stroll | Trackback

しわわせご飯よ

しわわせなこと。
近所に自家バイセンの珈琲屋があること。
近所に一保堂を見つけたこと。
近所にインドカレー屋があること。

でもとれたて野菜を毎日安く買えることにはかなわない。
とれたてお魚を毎日安く手に入れることにはかなわない。
とれたての味の濃さは、移動時間に少しだけ持ってかれる気がする。気がするだけじゃなく本当だと思う。

欲しいものはなんでも揃うけど、一番美味しいものはほんとに小さな範囲にしか行き渡らないのだろうし、現在住んでる場所の地の物を食べることはほとんどない(てか食べたことない!)
便利で贅沢もできるしなんでも手に入るようで、一番すごいところは見てない気がした。

青森の地のお魚や野菜や果物のとれたてのやつを、安く沢山いただいた。
なんかもう、しみじみとうまくて、特産物のある土地に住む人のしわわせを、噛み締めた。
水槽から出して活き造りにした鯵の味が、薄かったなんて知らなかったよ。。
魚の身ひとつでもパワーがあって、こんなの毎日食べてたら元気になるわーと心から思えた。
[PR]
by nemotyucac | 2006-10-26 23:47 | thinking | Trackback

水辺にばかり

e0086807_17181996.jpg
e0086807_17183774.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-10-25 17:21 | travel and stroll | Trackback(1)

素晴らしい風景

e0086807_2143325.jpg
e0086807_2143911.jpg
e0086807_2144788.jpg
e0086807_2145561.jpg
e0086807_215249.jpg

        清水川という無人駅で降りた。
        白い山が遠くに見えて、吸い寄せられるように向かって歩いた。
        そこは、一面、白く。

        貝でできた地面を踏む。
        さりさり、音がする。
        さりさり。
[PR]
by nemotyucac | 2006-10-25 02:18 | travel and stroll | Trackback

帰宅しましたら☆

メダカの赤ちゃんが産まれてた!きゃー☆
テレビが見事に壊れてた!なにそれ!
下の日記が恥ずかしい!にゃはは
[PR]
by nemotyucac | 2006-10-24 19:16 | thinking | Trackback

センチメンタルってさ

すごいね。
それを持ってると持ってないとでは制作のスピードが違う。
わたしには必要じゃん!
だからいつでも困っていたい。
いつでも不充分でいたい。
失敗は大きな彩りとなろう!
たとえ一色だけであっても。
[PR]
by nemotyucac | 2006-10-18 16:56 | thinking | Trackback

絶対守るもの

e0086807_19493555.jpgこんな顔を見せたらハズカシイとか
こんなこと言ったら相手はどう思うかとか
自意識過剰が、もやもや邪魔をする。
時により必要であるが、
相手と笑顔で話したいなら
どうでもいいい心配であるのだろう。
ハズカシイくらいがちょうどよいのだ。
相手が気持ち良い方がいい。それをまず第一に。
考えられるようなひとになりたいなんて、
みつおみたいなことを言ってみる。
プライドのない人に、なった方がいいな。
十牛図みたいな人生を送りたい。
余計なものは丸めてぽいして、大切なことだけ絶対、
守って生きたい。
[PR]
by nemotyucac | 2006-10-17 19:55 | thinking | Trackback

ゼンマイ式飛行機

今日は多くのひとに時間を割いていただきました。心から感謝です。
ありがとうございました//

今夜、たぶん10年くらい、知らない間に組み立てていたものが出て行った。
時間はあっとゆうまに過ぎ、準備もままならない状態でふらふらと頼りなげに向こう岸に飛んでいってしまった。飛ばせなかった分もまだ沢山体の中に残ってる。
でもこれでいいのかもしれない。
全てを完璧に出し切らなくてもいいのかもしれない。
残りを体に置いてこれからも過ごして行くのは悪いことではないのかもしれない。
一番大切なことは、また、それに会えることで、それをずっと忘れないことだ。
ずっと忘れないし、きっと一番の宝になる。
こんなに大きい存在はもう体に入らない。入れられない。
胎内に入れた塊が心地よくて出し忘れて、10年経っちゃったのだ。その間にどんどん成長もした。
ある日突然その存在に気付いて、自分でも感動したのに。

すこしさみしい。
きっと多くの他のものにまぎれて大きさも目立たないだろう。
どんどん流れていってしまうのだろう。跡形も残らないだろう。
それもわかってて、わたしは飛ばしたのだと思う。
できることならまた飛ばすところを見てて欲しい。叶わないことを思ったりした。
e0086807_3284793.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-10-17 01:35 | thinking | Trackback
はっと気付いたのだけど、
なんだかすごく友達に助けられてる。。それが一番今のわたしを支えてくれてるものだ。あまりにもそっと寄り添っててそっと自然で、目立たないけど。みんなもそうしてるつもりはないかもだけど(いやそんなことなかったらすまんだな)
ありがとうね。心から。
4月にお助けの旅に出て(友人すがる旅、、ああ、そりゃーめんどくさかったであろーよw)その時は苦労かけたねえ と思ってたけど、
実はずっと続いていたんだねえ。
6月に山のふもとで「わかったー!」と視界が開けた時も、ずっといた友達の存在に急に気付いたからだったし(気付くの遅!)。
晩夏の穴ウサギを餌でおびき出したのも、友達の手立てだし。
ああ、助けられて生きてるんだ。
いつもなにかに感謝していなくてはいけないな。手に取るようにわかったよ。
今それは友達にへだ。
あーほんとに大切にするよ。
恥ずかしー

e0086807_3211237.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-10-16 03:19 | thinking | Trackback