<   2006年 09月 ( 20 )   > この月の画像一覧

ひとのお知らせ

縄文と現代展。手伝いをしてる知人が出ます。
そのひとは美術大学を卒業後、30もの現代美術コンペに出しまくり落ちまくった後、ふと出したイラストレーションのコンペで一発さくっと入選。その絵はイラストになりうるも、じつは美術だったなんてその頃は誰も思ってなかった。10年前の話です。
時は流れて数年後、まずフランスが気付きます。これは美術だ!と。
そしてアメリカ、韓国、香港など各国が次々に気付き。。
まず日本でなく外の国が、気付いた。
そしてやっと、日本の美術館、話題の最新の美術館はその人を引き入れます。
苦節、いったい何年?しかし、これこそ正しい道な気がする。
余計なことは一切ない、純粋な気付き。
気付いて、気になって、忘れられない、だからもっと見ていたい。持ち帰りたい。
絵はそうゆう出会いをもたらすものであるのが、本来の姿なのだと思う。
コネなんて絶対だめ!!(自分にも言い聞かせ…)
わたしもそうゆう絵が描けるようにがんばります!
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-29 02:47 | thinking | Trackback

タッチの違うものも

線画で水彩着彩。
タッチは違うけど、よろしくお願いします。
このような絵は、描いてて抜群に楽しいです!
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-29 02:14 | other works | Trackback

植物

e0086807_1433937.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-09-29 01:47 | other works | Trackback

植物

e0086807_1494095.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2006-09-29 01:40 | other works | Trackback

動物

e0086807_223172.jpg
e0086807_223874.jpg


説明用のイラストで、線画に水彩で描いてます。
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-29 01:39 | other works | Trackback

こんなんなっちゃって

このブログもはじめてそろそろ一年になる。
文章をすすめてくださった方がいて、わたしはその方にとても感謝している。書いたことなどなかったのに。書く場を提供してくださって。人文書館の道川さん、ありがとうございました。
「毎日800字書こう」とご提言もいただいてたけど当初は3行で終わる日もよくあった。。よくここまで書けるようになれたものだ。駄文で駄内容だけどね!
最近はミクシーも合わせるとほぼ毎日なんかしら書いてる。書くようになった。
昔からなぜか頭の中にはいつもいつでも言葉の切れ端がわんさか詰まってた。でも出口が作れずそれは絵に変わっていった。絵には言葉も付いてきた。一緒に出てきた。
言葉と文章は違う。少なくともわたしには文法や並びの順などを考えると非常にこんがらがる。
言葉は、ずっと以前から常に自然に寄り添っていた。日本語の響きが好きだからかもしれない。言葉には色が付いてたり匂いが付いてたり、時に絵のように見える。
いつか文章にも色や匂いが付けられるようになるだろうか。やっと一年。これからも努力で邁進?がんばりますね。
って、
それにしてもこうゆうことをやらないでは、済まないのよね。。まったく悲しいサガやね。。
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-28 20:25 | thinking | Trackback
先日小川サトシさんに展覧会のDMをいただいて、駒込まで見に行った(2週間前くらい)。展覧会に行くのは久しぶりでしかも、いただいたDMを見ただけで引き込まれるのはすごいなあと思いつつ、行ってみたら原画も素晴らしかった。
駒込は六義園も美しく町並みも懐かしくていいところだった。懐かしいなかに斬新な建築物と展覧会という感じ。フュ−チャ−でした。
小川さんとは3年ぶりに会ったので顔を忘れられていて面白かったけど、なんと昨日偶然道ばたでまた会った。そうゆうこともあるのだなあ。最近偶然の出会いがよくある。なんかついお互いの健闘を祈ってしまった。同世代、どんどん変化し、いいものを作ろう!
そんな気持ちの中で、こちらも先日偶然にお会いした都築潤さんに「もっと貪欲にならなくてはいけない!」と沢山ご鞭撻いただいたことを思う。目から鱗というか絵を描くときに欲張ってしまうとすっころんでいたわたしとしては、考えさせられる言葉だった。現イラスト社会で貪欲でいるには「色々できること」も大切だとおっしゃる。そこで思うのは発表してない作品やお仕事の絵のことだ。
実はねもはキャラクターデザインもやったことがある。しかも、、ああーなんかアレだが、ミクシーではかわいい漫画描いてます。ははは。本当はかわいいもの好き。誰もがそうだと思ってるけど。
かわいいものも発表したいなーーと思いつつ、ここではまだお見せしてません。
でも、、これからどこかでアップしたいなあ。
それも変化のひとつなのかもしれない。いい出会いがちゃんとやってきてくれてそう思わせてくれて、よかった。
ちなみにねものかわいいキャラクターは、ほんとにかわいーよー☆お楽しみにー
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-26 16:14 | thinking | Trackback

ゲットだぜ!

なんて今は誰も言わないよね。
何をゲットしたか。
ひとつめ メダカ。(いきなり地味…)近所のかっちゃん54歳江戸っ子フリータ−にわけてもらう。これでメダカは6匹!ってどんなご近所だー。
ふたつめ ナマズ。。。はい、買っちゃいましたよ、ええ。しかもお祭の出店でね。
今朝は早々からお神輿が、山手通りをかなりの交通渋滞を引き起こしながら行き交っていた(のんきだなあ)。初めて詣った地元お祭での神社。見上げるとモミジ。ここはこんなにいいところだったのだなとあらためて思ったり。
帰りの道すがらにそのナマズ売りがいましてね。体長5cmのやつらがうようよいてさ。。ああー、いいのかいいのか。
一匹持って帰りましたとさ。
女の秋の一日、これってどうよ!

のこりは  人と海。
今夏は時間たっぷり(はっはっは)
あせらなくてはいけないけど、わたしは今年は逆を行った。あせらず、見ようと思った。そうしたら、今までできなかったことばかりが目の前にあって、ただそこに行けばよいだけだった。知らなかった、今まで。それは、友達に沢山たくさん会ったり、暑い日だったら海に行ったり。そんなこと。
これほど友達と過ごした夏はないし、夏に水を浴びる心地よさも初めて知ったと思う。
秋口。気が付いたら、
指先にそれらの跡がきちんと残っていて、
わたしは前よりも絵に描くことができるようになっていた。
人と海は、少しは貰えたのだ。
人も海も、描きたくても今まで、思うように描けなかった。
ただ、経験がなかっただけだなんて。
経験が、こんなに指先に残るなんて。
ああ、まだまだ知らないことばかりだ。
そんな夏だった。
いい夏だ。

ばななさんの小説で鳥海人魚というひとがでてきた。すべてに愛されるように、愛するように たしかそんな意味を込めて名付けてもらったなんて素敵な説明があった。
どうせなら、今夏からなぜかAM5:00になると叫びだすカラスのやつも、ものすごい描写ができるようになりたいものですね。
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-24 02:21 | thinking | Trackback

海を貰いに

ということでウェット着たらドラエモンのわたしですが、入水後、そのあたたかさに驚愕しました。冷たくなーい!想像以上の着心地。これでまだまだ乗れるぞ波!(あー、三十路なのに…)
夕方の海が特に好きです。
少し曇ってて夕焼けが、ぴかぴかじゃないような空が映る、藍色の海。藍色にオレンジが鱗みたいに乗ってる海。その中でゆらゆらと波を待つ。
遠浅って言葉がこんなに美しく感じるようになるとは!
足がつく砂地の海で。魚が、きらきら光ったり持ち上がった瞬間の波の中に、ぎゅんと泳いでたり。小魚を食べる海鳥が、隣で波に揺られてたり。そんなのを眺めながら泳ぐ。時間が。
その向こうの。
家々が連なってるのの屋根がカラフルだったり、ある時間に一斉にネオンが光りだしたり。
それを海に頬が付くほどひたひたのところから見遣る時間が。
わたしは本当に愛おしいです。
肌と胸の両方で感じてると、「あー絵が描きたい!」と思えてくる。
わたしの脳を一番刺激してくれる場所は、ここと、そしてここから眺める都会なのだと思います。人の気配がするのを人の気配がしないところから想ってると、絵ができてゆく。自然だけではきっとだめで。そういう時間を貰いに、海に出かけるのでしょうね。
にしても波に浮んでるのはドラエモン…。
ドザエモンじゃないよ。
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-22 18:34 | travel and stroll | Trackback

スポーツっこ

セールだけどウェット買った。へなちょこボーダーなのでオーダーせず既製品。これでもう少し入れるぞ!海!
フラも続行中。といってもこれも家でやるのみ…へなちょこすぎです。毎日少しずつ練習。足の動きが少しだけ見られる様になる。
運動いいかも。絵描きのひとらには余計にやってほしい。だって対極。。気がつくとうちら全く運動しなくなるよね、、うん。
すっきりするし疲れなくなるし、肩凝ったり悩んじゃう時ほど運動な気がする。
うーんしかしそんな健康的な考えに簡単になれたらどんなに楽だろう!

母方の家系はスポーツっこが多く、学生時分はいとこがよく何かのインターハイに出ていた(水泳?)。母もバレエを教えていたし、現在も、ポルトガルでプロのコンテンポラリーダンサーをしてる従姉妹がいる。いつかコラボレーションしたいと思う。しかしわたしは見た目倒しで(何かをしてそうには見られる)かなりすっとぼけてる。レギュラーにはなれないタイプ。こんなんでコラボができるんだろうか。。
ああ、でもライブペインティングをした時はスポーツのように見えたそうです。二時間で5メートル描き切るところとか。楽しみだな。ダンスと絵。
e0086807_1755049.jpg

              載せていいのかこんな写真、、
[PR]
by nemotyucac | 2006-09-19 17:49 | thinking | Trackback

根本有華 ポートフォリオブログです。All rights reserved.


by nemotyucac