<   2006年 02月 ( 27 )   > この月の画像一覧

元同僚の結婚式に行き、たくさんの元同僚に会って、なかなかきらきらした(若い頃を思い出す‥)時間を過ごせました。
やはりあの仕事(販売の方)は人をよい感じにさせる気がする!だいたいが思いやりがあって優しいし、そうでないときちんとはできない仕事なのでしょうね。一ヶ月に一人で靴を5、600万円売り上げるのは、やっぱり相当なもの!だと思います。
わたしも同様に過ごしてこれたので、適職という意味ではこの職業がもっとも得意かもしれない(って企画で入ったんだけどね。。そっちはからきしだめ!)。だから彼女達の明るさを目の当たりにすると、うーまたやりたい!!とうずうずする気持ちが沸き上がってくるのでした。
そんな友人達との再会も含め、多くの友達によってつくられた気さくな雰囲気の明るい結婚式を、堪能することができました。

そんな中で、元上司と親密な話ができたのも嬉しかったことのひとつ。ほとんどの上司とそうなる前に辞めてしまったので、ふと声をかけてくれた彼女の、優しさをちょっとした会話でぐうっと知ることができたのは本当に泣ける程のことでした。それはなぜかタバコについての会話。
わたしは今は吸わないのだけど以前は楽しく吸っていたこともあり「お酒や夕日の時間に吸うと楽しいですね」というような話をしたら、彼女は「わたしは風がびゅーびゅー吹く中で吸いたい」とおっしゃる。それは楽しみたいからではなく、まわりの人に迷惑をかけたくないからという理由なのです。わたしが嗜好のひとつとしてだけで済んでしまったことに、禁煙して煙の迷惑がやっとわかった、今まで悪いことしちゃったとまでおっしゃるその言葉には思わずはっとしたのですがまた、その気遣いは、なにか彼女の生活全てに行き届いてる目線でもあると感じるのです。タバコのことだけでなく、言葉や行動、時間それから、人、に対して。全く無意識に常に誰かを思い遣ってる、なんでこんなにっていうくらい、反省をしてる。
販売力と明るさを持つ人には、思いやりと優しさがあるのは知っていたけど。さらに自分を厳しく見つめる視線があってそれが、印象に残る成績を残していたのだなあと思ったりもしました。それよりなにより、そんな心に触れて嬉しくないはずがない。自分が素敵な心と思う方と出会えただけでもなんだか泣けるような、会社、やっぱり入ってよかったよと、またまたしんみり思うのでした。そこで出会って現在付き合いのある人は、ほんといい間柄で、それを再確認できた一日でもありました。んーいろいろ、ありがとう、新婚さん!
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-28 18:41 | thinking | Trackback

わかった!

そうかミキティの谷間が見たかったんだ!と今日掃除をしながら思いました。
絶対あのコのチャームポイントは谷間だ!あんなにかわいいものをなぜ隠す。
もちろん自分のはポイントにならないけどね!

友達の展覧会を、美味しいコーヒーと旅のお土産が並ぶかわいらしいお店のゆるやかな時間とともに拝見。その全てにぴたっと寄り添った絵が、彼女とともに佇んでた。絵に付いてる言葉に、わたしもそうおもう と思えて、よかった。会えて。
これからも長くて良い大人の時間を一緒に過ごして行けそうだから、たのしみ。そう思った。

その後同級生とご飯食べた。深刻な恋愛の話に身を乗り出してうんうん言いながら、食べ物を口にはこんだ瞬間「これ美味しいね!」と言えるわたしたちってば。
最近女子トモとのおしゃべりは本当に楽しい。優しいを貰い、ほのぼのした気持ちで、家路につく。
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-26 01:19 | thinking | Trackback
わたしは節々が目立つ骨なので、着物が似合いません。
フィギュアスケートの村主選手は、竹久夢ニの絵に出てきそうな柔和な顔だち同様体も華奢で、いかにも着物が似合いそうであります。少し困ったなという顔で笑顔ははかなく、古風な女性を連想させます。わたしが男だったらけっこう気になるかも。と思いつつ、彼女の演技の、フィニッシュ直前の回転の速さには度胆を抜かれました。あの運動能力、感動したー
荒川選手は衣装と髪型とお化粧と、演技が本当にぴったり合っていた。優秀なデザインみたい。演出力も大事な要素のひとつだよなあと、他のひとの衣装などをみて思ったりしました。
なんにしろ、フィギュアスケートは素敵でした。
で、話は変わって、演出力じゃないけど、今年はなんだかすうっと胸元の開いた服が着れるようになったという話。「や、谷間はやりすぎだろ」という思いがすっとんで普通にそうゆうんでいいかと思えたのはひとえに、胸元あたりにエロさがないと気付いたから と言い切りましょう。それに気分がさっぱりしてると匂い立つものもないというか、体があって、胸があるから、山ができ谷ができるのは当前の状況であると。何言ってるのやら。
でも胸を開ければ鎖骨が綺麗に見える。体はアクセサリーみたいなもんだなと、思えて、そのために谷間も(ないけど)株を上げ、はやく肌の出る服が着たいです。
って、太ったし、決して見せられたもんじゃないのはわかってます。はい。。
でも自分の体をありのままに受け入れてる女性は、昔から美しいと思ってたことに気付いて。腕の毛とか生えてるの見ると一気にセクシーに感じたり。谷間も、自然にあるから見えてしまってるとか、すね毛は薄いから剃ってないとか。そういう状況が、ああ、なんかいいなあと思ったり。うーんまったく何を言いたいのかというと、そんなに、がんばらなくても、けっこう綺麗なのが女性なのかもと思ったのであります。まあ感じ方は人それぞれでしょうけど。でもオトコノヒトで無駄毛の事とかでうるさいの、ヤだな。うん。
ほんとはさ、31歳だけど今年はショートパンツさえはきたい!あまり体の悪い面を気にせずね。でもねーこればかりは気になることがあって、去年青森で虫にさされた跡がひどく残ってること(なんなんだこの蚊はー!)絶対素足がいいのに、ああ、まだ勇気ないかもという自分を顧みると、毛が生えるのを絶対ゆるさん人の気持ちもわかるのです。。や、でもホントはそういう傷なども無理に隠してごてごてするほうが、気分はさっぱりしないのかもしれません。
さっぱりした気分も演出のうちなんだよねー
今年は好きなものを堂々と着たいものです。たとえ似合わなくても。着物もね。(失笑されるだけかしら?)
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-25 02:32 | thinking | Trackback

オーッフ!!

今さらながらキリン端麗のCMの人達、どうみても、ちょーさん、かとちゃん、工事、ブ−、けん、、。
もうあの映像を見る度ににこにこしてしまう。あれを作ったひとは本当にすごい!!
天海さんの出てる十六茶も結構なかなか、クスリ。竹中直人監督の、映画の天海さんを思い出す。あれもすごい!
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-24 01:30 | thinking | Trackback

コーヒー大好き

高校の通学路にオレンジ色のあたたかい光の灯るこじんまりとした喫茶店がありました。無人駅でまわりは閑散としてるのに、そこは唯一ぽうっと人の気配が灯ってる場所でした。
ずっと行きたかったその喫茶店に初めて入ったのは高校も終わりの頃の受験期の冬。
美術部でデッサンを描いた帰り、部活の連中でもう暗いし行っちゃおう!ということになったのです。一応通学路だし先生の目が光る厳しい学校だったので、そこは危ないとなんとなく避けてきたのでした(目の届かないとこではかなりはっちゃけてたけどね)
それにすこうし大人のムード。入ってバーとかだったらどうしようとなんだかどぎまぎしてたというのも、実のところありました。
ところが中は、あたたかい人柄の夫婦でやっている純粋な珈琲屋でした。そこでいただいたグァテマラは甘味があって優しくて、はっとする味だったことを今でも思い出します。ご主人は、制服のちんまりしたわたしたちに気軽に話しかけてくれて「青が三つあるのはだれでしょう!?」とか阿呆なクイズなどで場を和ませて?くれたものです。。(答えはブルースリーね、もちろん若いうちらは失笑、、)
そこの豆は自家バイセン(くー変換されない)で、ハンドピックで、珈琲が本当に好きなお二人の愛情溢れるその一杯は、その後も忘れられない味となりました。大学では珈琲研究会にうっかり所属してしまったし、初めてのアルバイトも紙で落とす珈琲屋だったりで、珈琲は今でも人生にかかせられない、大袈裟だけど、そんな飲み物になってます。
月日は流れてそのこじんまりとしたお店はリニューアルして大きくなり、今では結構有名なお店になりました。従業員さんなんて、一体何人いるの?というくらい。節目節目に訪れてるうちに13年も経っちゃって、でもいつ行っても笑顔で接してくれるマスター達のいるその場所は、わたしの帰る所の一つになってる気がします。
夕暮れ時に、そのお店「珈琲音」の豆でいれる珈琲をいただく時間は本当にゆったり。この飲み物がこの世にあって、よかったよ!
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-23 19:47 | thinking | Trackback

今気付いたんだけど

絵を描く時になぜか正座してる、、
正座しながら何時間も描いてたりする、、
なんでだろう。
さあこの(ひまな)時間を利用して展覧会準備だ!
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-21 03:11 | thinking | Trackback

ひまのまひ

ここ数日暇ーなので、ぼんやり過ごしてます。
埼玉県も行ってないや(漫画家さんの手伝いが生業の一つなのです)
あ、「トメ」の事。ブログは多くの方が読まれるので敬語にしようと試みてるのですが、ふとしたつぶやきだと、どうも敬語がすっとんでしまうようで、、
あの、気になるようだったらごめんなさいです。
たぶん、敬語と普段の言葉が混ざった文章になるかと思われます。これ、喋り言葉でよくやってしまうんですが。。

徒然草、よしもとばななの小説数本を続けて読んで、ああなんか、そうだよなあと漠然と思ってるところです。
一人の時間を、考え事をして過ごすことこそ、贅沢だって言っていて、
あれれわたしは知っているようでできていないやと思って。
ずっとあれしなきゃこれしなきゃとあせって過ごしていたとこからすこうし停まって佇んでます。でもやらなきゃいけないことは、ある。
まあ今は、いいや。(よくないか)

ばななさんの「おかあさーん!」という物語では号泣してしまった。
会社員時代の初めての8月を思い出しました。
朝礼時に貧血を起こして、顔から倒れてテーブルに思いっきり打ち付けたこと。(打ち付けたすぐ横には筆立てからにょきにょき鉛筆が突き出してた‥)
そしてその後ふらふらしながら「倒れてごめんなさい!」と口走ったこと。。
新入社員で初めての朝礼で、その頃スパークリングセールとアトリエセールと展示会が重なってたしかものすごいことになってたんだとおもう。会社はこういうところだと思って、目の前がぐわーんと歪むのを必死でこらえて。1時間はがんばって。
ってあほすぎると今は思うけど。でもあの時は座りたいとか言えなかった。。
8月はその後もなんだか怒濤のような流れが続き親しくしてた叔母(この家の元住人)が急に亡くなってしまって。
喪主が父だったのでお葬式のため上司に報告すると「あらあら不幸が重なって」と言われたこと。
その言葉に「ん?」とちょっと、思ったことを、思い出したりしました。
その「ん?」を、今は大事にしたいなあと、思います。
また「なんくるない」という物語ではこれまた、イラストレーターが出てきて、わああ、この時間があってすぐさま行動ができる、この感じを大事にしたいなあと、思ったり。
今年は沖縄に長く滞在する計画があったので、なんだか今のこのぼんやり感、時間の多さはぐっとくるものがある。
こういう流れを大事にしたいなあ。
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-21 02:35 | thinking | Trackback

あほな夢

今朝あまりにもいい夢を見たのでおふとんから抜けだせなかった。
なぜか中学校の同級生だった、背の小さな、でもハンサムな男の子が出てきて
部活のサッカーをしている。
ここまではよく見ていた風景。ソフトボール部(わたし)とサッカー部は同じ校庭(第2グラウンド)だったから。
ところがなんだか状況がいつもと違う。わたしはひっそりサッカーゴールの横で誰かを待っている。
サッカー部の連中が部活を終えて近付いてくる「これからどっか行こう」と仲間内で言ってる。するとそのわたしより小さな少年が
「惚れた女が待ってるから」などと冷静に言って、こっちに近付いてくるではないか!
や、そんなこと言われたことないですよ。
言われる程のタマがない!!
それにその少年にも全く興味がなかったし、背の高い彼だって一応いたのだ。
鏡を見るとショートカットのわたし。たしかに中学生になってる。
そしてまた少年は、わたしが勝手な行動をするとちょっと拗ねながら否めたりした。思春期男子特有の少し高い声で、つるつるの顔で、「だめだろう?」とか言って。
もう、なんだかすごーく、かっこよかった。
わたしも主張をせずわかったーなどと言っていいこだった。
目を覚ますと青春時代独特の、素直さと憧れとおとなしさの余韻が残ってた。
新鮮〜
なんでこんな夢みたんだ?恋いこがれてるのか?!
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-20 13:35 | thinking | Trackback

ささやかな

今日は友人のために描いたウエルカムボードをお渡しする日でした。
待ち合わせしてた銀座でお二人に会うと、
なんだかもうすごーくほわっとした気分に。
久しぶりに会ったのですが
あれっ?こんな美男美女だっけ という感じ。
ああこの二人が、もうすぐケーキ屋さんをオープンさせるんだ。
そしてそこはあのよく行っていた月島(想い出の土地なのです)なんだ。。と思うと
それはそれは夢のようなかわいらしいお店が想像ができるのでした。
こりやあ来週の結婚式が楽しみだ!
お店ができたらここにも紹介します。
ご主人はフランスで修行してきたパティシエなので、期待です。
そしてその美男美女っぷりをぜひお店で知ってほしい!(って困るよねそんなこと言われても)
美味しい串焼きもごちそうさまでした。そんな気遣いが心憎い!

そいで、わたしはこういうささやかな幸せのおすそ分けとかお手伝いとか、そうゆうのはやっぱり嬉しいみたい。もうわかってきた、自分が!
ウエルカムボード、また描きたいなあ。
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-20 01:52 | thinking | Trackback

花粉対策ツー

あ、体が冷えるとくちょん。
お腹がすくとくちょーん。ぴしゅー!
この手のかかりようは乳飲み子か!って感じ(こんなもんじゃないか)
あたたかくして定時にご飯食べましょう〜。
[PR]
by nemotyucac | 2006-02-18 18:37 | thinking | Trackback

根本有華 ポートフォリオブログです。All rights reserved.


by nemotyucac