カテゴリ:other works( 42 )

e0086807_0543649.jpg

ひ:4月29日(水) 終了しました!たのしかったよ〜
ところ:七里ケ浜
主催:AYA-CON-BALLET 大谷綾子さん

七里ケ浜の制作のようす
[PR]
by nemotyucac | 2009-04-30 14:11 | other works | Trackback

ABC Roppongi

e0086807_20162496.jpg

e0086807_20163411.jpg

Live Painting @ ABC Roppongi
[PR]
by nemotyucac | 2009-04-20 20:15 | other works | Trackback

お知らせ

アマレット

編集:大嶺洋子
デザイン:鈴木成一 岩田和美(鈴木成一デザイン室)
発行:リトルモア
絵:根本有華

迷いながらも、最後は故郷に辿り着いて
安心して眠りに着くような物語かもしれない。。
幼い頃みたいに、自分ばっか見て、
切ない夜があっても楽しいことが花の匂いみたいに広がって。
自分、家族、居場所を大事にしてほしいと、大人の今わたしは、
祈るように絵を描いてます。

刊行記念☆Exhibition & Live painting
f0198826_0541227.jpg




[PR]
by nemotyucac | 2009-03-27 23:43 | other works | Trackback

3の樹

e0086807_1821426.jpg

背景、風景。


e0086807_1822292.jpg

部分。裏から見た。


e0086807_1822868.jpg

描くというより滑らす?


e0086807_1823742.jpg

全然考えない、イメージはある。
[PR]
by nemotyucac | 2009-03-24 18:03 | other works | Trackback

Christmas event

Christmas event
e0086807_2016407.jpg


ライブペインティング&ダンスパフォーマンス

制作: 阿佐ヶ谷美術専門学校 イラストレーション表現受講生 他
ダンス/ダンス演出: 前澤香苗 大谷有凱子 AYA・CON・BALLET 受講生 
企画演出: 根本有華
場所: 特別養護老人ホーム ハレルヤ
日程: 2008年12月21日

e0086807_20161640.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2008-12-30 20:13 | other works | Trackback

羽と粉雪

もみの木が白く染まるある日の午後。
粉雪は羽をつけて
ひらひらと舞い踊りました。

e0086807_155155.jpg

雪を掴もうとする

e0086807_1552588.jpg

天使ちゃん

e0086807_1553813.jpg

羽がひらひら

e0086807_1554456.jpg

しっとりした空気

e0086807_1555634.jpg

こどもたちがやってきた

e0086807_156821.jpg

この笑顔

e0086807_1561543.jpg

3ピースで

e0086807_1563635.jpg

感想、お話、握手、「また来てね」

e0086807_272650.jpg

喜んで貰えてよかった

e0086807_273338.jpg

たのしかったね

e0086807_274229.jpg

生徒さんにお花いただいちゃった♡
[PR]
by nemotyucac | 2008-12-22 02:17 | other works | Trackback

Live Painting

e0086807_362422.jpg



e0086807_218523.jpg



e0086807_363094.jpg



e0086807_363666.jpg



e0086807_2181699.jpg



e0086807_2182526.jpg



e0086807_2183486.jpg



e0086807_364555.jpg



e0086807_365430.jpg



e0086807_3105313.jpg



e0086807_37816.jpg



e0086807_371489.jpg



e0086807_37208.jpg



e0086807_372846.jpg



e0086807_132718.jpg


Photo: Kaoru Komatsu
[PR]
by nemotyucac | 2008-12-02 03:12 | other works | Trackback

Live Painting

e0086807_111198.jpg
e0086807_1111154.jpg
e0086807_1112234.jpg
e0086807_1113113.jpg
e0086807_1114567.jpg
e0086807_112736.jpg
e0086807_1121678.jpg

[PR]
by nemotyucac | 2008-12-02 00:50 | other works | Trackback

common style

音声配信のインタビューをしていただきました。
common style - The Future of Design さんにて。
学生さんへ向けての内容です。

こちらです。
もやもやトークです^^;

ちなみに脚本もなく話して最後めちゃくちゃなので、、、補足します。。
イラストレーションは人のためのものだからこそ、
しっかり対応できるように、いつでも自分を豊かにしておく 
ということを言いたかったのかな。
人のためにがんばったことでご褒美に自分を豊かにするのではなく、
最初に色んなケースから自分自身を豊かにしておいてから、発信したいな と。

画家さんは多分、そのままの自分の中から出てくるものこそが大事なんだと思う。
イラストレーションは人のためのものだから、豊かになることに惜しみなく時間を割くことが結果、ちゃんと人に失礼のない形で返って行くのだと思っています。
[PR]
by nemotyucac | 2008-12-01 17:26 | other works | Trackback

パフォーマンスのこと。

綺麗な線の従姉妹と、もこもこねも。mixiのアルバムご覧になれます。
http://mixi.jp/view_album.pl?id=16181873

従姉妹の日記から、以下に記します^^

「ねもちゃんとのパフォーマンス、終わった〜。
反省する点は多々あるけれど、何よりも今このタイミングでねもちゃんとコレをやる事が、物凄く意味のある事だったと実感しております。
ねもちゃんが栃木に来てくれたことで、祖父母との貴重な時間を過ごしたり、両親とも色々な話をしたり、パフォーマンスを通して色々な事が動いた気がする。
自分自身、ちょっと色々あって精神的に不安定な時に踊って、自分の弱さを思い知った。
でも、ねもちゃんやねもちゃんのお友達と色々話をし、家族とも色々話をし、そういう人の弱い部分の事について深く考えたな。
そして、自分では全く想像出来ない様な気持ちを人は持っているのだということを知る。
そして、それは人の行動に明確に現れていることも・・・。
思いやりとは何かな・・って考えると、どうしても自分の物差しで
「これをされたら嬉しいかも・・。」なんて考えていたけれど、ねもちゃんが栃木に居てくれたここ3日間で、思いやりってのは、もしかしたら人の弱い部分を分かり助けてあげる事かもしれないなぁ〜なんて思ったりする。
ここ最近、ずっともんもんとしていた事が見事に消化されたな。
やっぱり、人と人は繋がっているんだな〜と思う。
その人達を取り巻く物事のタイミングなんかも、実は物凄く自然なタイミングで起こるものなんだな。
なんだか、よく分からない内容ですが、この3日間は素晴しく学びのある3日間だった。
遠くまで見に来てくださった○さん、ありがとぉ〜!!
そして、ねもちゃん、いい時間をありがとぉ〜!!
これからも、活動していきましょう!!!!!!」

以上です!
なんかいいでしょ?

若い従姉妹が何かを得たこと、そして何より、ダンスが更に進化したことが今回一番驚きました。
今までもかっこいい踊りを観てきたけど、泣きそうになったのは初めて。
ダンス、感動したな。

今回のイベントは宇都宮に87年住んでいた祖父母に見せるための企画でした。
芸術活動は、人を繋ぐ礎になると、従姉妹との企画時にはっきりわかって。
この20年間のうちにそれを起こすのは簡単なことではなかったです。
今だからこそ、やれるし、できたのだと思います。
でも、6月には祖父母は宇都宮の土地にはもういませんでした‥。って
存命なのですが^^
だから、最後まで何が起こるかわからなかったけど、当日は、
祖父母が揃って観に来られて、にこにこみんなが笑うのを見られたのが
こんなに遠いのに、友人も駆け付けてくれたことが
本当に嬉しかったし、わたしたちも結果、救われた気がします。
本当に、みなさんありがとう。

色々なこと全てが役に立って、パワーになって、
更にふっとばす力さえ産んでくれた。
人生なかなか捨てたもんじゃないぜ とつくづく思いました^^。

だけど作品については、時間も含め課題が残りました!
だからこれからも続けていくし、成長したり進化していきたいです。
だって本当に三十路のわたしですらこの3日だけで成長できたのだもの。

今回山のなかを縫って会場に行く際車窓から見た自然は
どこまでも連なる色鮮やかな、きらきらした稜線でした。
冬は厳しいのに春は緑がむせぶほどいきいきする、
夏は妙に暑いのに秋の紅葉は絶景な栃木の景色を見てると
必ず巡って来る変化の時期を感じずにはいられませんでした。
[PR]
by nemotyucac | 2008-06-03 14:28 | other works | Trackback

根本有華 ポートフォリオブログです。All rights reserved.


by nemotyucac