海を背景に溶け込む人物を探して。

さ、魚のままってきもちわるかったデスカ?すいません^^;
カサゴうまかったです。切り方が微妙なのはご愛嬌で。。
魚いじれるようになったのは料理屋さんバイトのお蔭です。なにがコウを奏するかわかりませんね。(亘なだけにねbyたんてい)魚のおいしさを知ったら楽しさ倍増です。いろんな楽しみがありますよ!
カサゴは何度か自分でも釣ったことがあります。根魚なので、食い付いたら奥に持ってこうとするので引きが強い!普段は5分で止めるタイプなのに、この時ばかりはおもしろくて何度もチャレンジしたものです。でも釣れないのに何時間もやるひとらの気持ちは、まだわかりませぬ。
この連休は、釣には最適の模様でした。湘南ではシコイワシの大群見た!キラキラものすごい数の小さな魚が港に入ってきていて、鯛釣ってる人もいましたよ。。鯛、、じゅるー
海では最近スケッチで勉強してます。人物と風景を溶け込ませるのが難しくて、そのトレーニングにスケッチがなかなかいいです。
またあの小さい頃の絵を見て、十代の頃はクレヨン、パステル画をよく描いていたのを思い出し、スケッチにはパステルが必需品になりました。以前は水彩画だったのだけど。
本当はBBがやりたいのだけど、勇気が出ません。。うう。
冬はロングボードとか、いいよねえ。

話変わって松濤美術館、浮世絵コレクション展、もー痺れるほど心揺さぶられました。浮世絵の海、それだけじゃなくとにかく自然描写かっこよすぎ!!人物綺麗すぎ!!
改めて価値を見出すことができた機会でした。いまさら北斎、広重、歌磨ヤバス!!
風景はそのままで美しく、またそれを絶妙な構図で切り取る浮き世絵師の感性と、刷師の技術には腰が抜けそうでした。浮世絵はデザイナーさん必見ですよね。
本物の刷を見ると発色もよく紙もすばらしく、また風景人物のありように文句のつけようがなく、創作技術の高度なテクニックが凝縮した、いいお手本だったんですね。
最近観るのは油絵展が多かったので、今回はよい機会に恵まれました。これも錦糸町駅のお蔭です!ありがとう錦糸町!!(以前ホームの広重花火画を見て、妙にときめいたのでした…ナイスセンス!)
[PR]
トラックバックURL : http://nemotyucac.exblog.jp/tb/6846251
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nemotyucac | 2007-11-25 21:20 | thinking | Trackback