笑顔を交わすこと

先日嬉しい出会いがあった。
お仕事のご依頼だったのだが、最初に会いたいと言っていただいた。もしやと思った。
そしてわたしの思う通りの理由で、会うことを重んじた方との出会いだった。
それは、「会うだけで、全てはスムーズに進む」ということを知り、胸に留め実践していらっしゃる方との、出会いだ。
とっても単純だ。でもわたしはこれは、キモだと思う。
できそうで、できないことだ。
わたしも弱冠人見知りなので(はい、そうは見えません…)初めての方と会うときはえらく緊張する。それでもえいやっと会うと、その瞬間にほぐれてしまうことは多い。また、微妙な雰囲気も掴め、改善すべきところも見つかる。
一番いいことは、なにか起きた時、一度会っていると「わかりあえる」ことだ。
その後が電話やメールだけでも、顔が思い浮かべば解決することはどれだけ多いか。
今の時代みんなが忙しい代わりに便利な機能も多く、会わなくても仕事はできる。それはとても素晴らしいことだし、それでいいとは思う。
でも、それでも敢えて「会う」を選ぶことが。その手間は消えるほどの、関係の深さを構築してくれると思う。電波や言葉だけでは絶対伝わらない、人間の熱を、交換することができる。それがどれほどあたたかいものか、こうして一人で仕事をしていて、だんだんと理解したことだ。
最近、疲れている時にこそ人に会うと、元気をもらえることに気付く。誰にも会いたくない日もあるが、そこも、えいやっと会う。結果はいい場合が多い。その「えいやっ」が意外と大事な気がする。
仕事だって人間同志の関わり合いだ。熱が生まれてわたしは当然と思う。ドライに関わるのをよしとしていた時代(自分の中でも、世間でも)もあったけど、今はもっと暑苦しくてもいい気がする(ブック○フみたいなのではなく…)。
笑顔を交わせる方が、だんぜん楽しいし!
[PR]
トラックバックURL : http://nemotyucac.exblog.jp/tb/3837659
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
by nemotyucac | 2006-07-19 00:21 | thinking | Trackback

根本有華 ポートフォリオブログです。All rights reserved.


by nemotyucac